トップページ > 記事閲覧
かわいい動物に誘発されてのカワウソの密輸
日時: 2019/06/05 12:37
名前: FCI   <focuscomms.pr@gmail.com>

天気がようやく暖かくなり、子供を連れて出かける親も多くなりました。動物園、水族館や公園に連れてカワウソを見に行く方もいるでしょう。カワウソはかわいい動物ですが、アジアのいくつかの国では、ソーシャルメディアやカワウソふれあいカフェの強い影響でカワウソをペットとして飼う事がブームになっています。

世界動物保護協会 (World Animal Protection) がおとり調査を行った結果、世界的に増しているカワウソ需要を満足するための違法狩り、密輸、そしてカワウソを捕らえて繁殖させる事が日本、タイやインドネシアなどの国々で増えています。

日本の様な結構な数のカワウソカフェが存在している国では、消費者を楽しませるために野生動物の福祉が犠牲にされているのが事実です。カワウソたちは来客とふれあいの際、泣き叫いたり、悲鳴をあげたり、苦痛の声を出しています。

Cassandra Koenen、野生動物はペットではないキャンペーンの国際チームリーダーによれば:

「野生動物が可愛いからといって、お家で飼われるべきではありません。残念ながら、ソーシャルメディアの影響により、カワウソは陽気でクールなペットとして披露されているために、事実を無視している人が多い様です。」

また、世界動物保護協会からの証拠によると、法律執行機関や政府機関が取引を促進している疑いがあります。カワウソは「野生で絶滅の危険性がある動物」とみなされているため、一刻も早く違法な取引や詐欺的な捕虜繁殖作業に対応する必要があります。

5月29日は世界カワウソの日、この日を機にして是非人々に野生動物をペットとして買わない、飼わないそして繁殖させるべきではない事を私たちは伝えたい。野生動物はペットではなく、野生に属しています。

私たちの仕事についてもっと知りたい方はこちらへhttps://www.worldanimalprotection.ca/
メンテ

Page: 1 |

題名/Subject スレッドをトップへソート
名前/Name
Email
URL
パスワード/Password (記事メンテ時に使用/For editting your topic)
投稿キー/Entry Key (投稿時/Type 投稿キー を入力してください/this number)
コメント/Message

   クッキー保存/Save Cookies